消費者金融から70万円を借りるための条件とは

お金が必要16

お金を上手に借りるためには、自身の返済能力を知っておくことが何より大切です。消費者金融から70万円の借入ができる条件をクリアしていても、借りすぎは使いすぎの原因となります。70万円の借入を検討している方は、自身が借入条件をクリアしているか、無理なく返済していけるかを診断してください。

将来的に計画返済ができるかどうかは、契約段階で決まってしまうのです。

消費者金融は総量規制の対象になる

消費者金融の多目的ローンは総量規制の対象となり、現在は年収の3分の1が借入できる上限です。かつては年収の2倍を超えて借りている方が普通にいましたが、貸金業法が改正された不可となります。もし現在において年収の3分の1を超える借入をしている方がいるなら、貸金業法が改正される前から利用していたことになります。

そもそも総量規制が誕生した理由は、借りすぎ・使いすぎを防ぐためでした。キャッシングやカードローンは繰り返し利用できるので、債務が増えやすい性質があります。気がついたら返済能力を超えて借りていたというケースが多々あったため、総量規制による貸付制限が誕生したわけです。

つまり消費者金融から70万円を借りるためには、最低でも年収210万円以上は必要になります。年収210万円なら借入できる可能性はありますが、年収200万円だと条件をクリアできていません。将来的に70万円の借入を希望している方は、年収を増やしていくことが必要です。

ローンの審査は返済能力を有するかどうかで判断され、年収は大きな判断基準となります。年収が少ないより多いほうが、高額融資を受けられる確率は高いわけです。

初回契約で70万円を借りるのは難しい

お金が必要28

総量規制の観点から言えば、年収210万円以上あれば70万円を借りることは可能です。ただし総量規制における借入上限は、借入できる可能性がある金額と考えてよいでしょう。

最終的にいくら融資をするかは消費者金融側が決定するため、年収210万円をクリアしていても70万円の借入ができないケースは多々あります。

特に初回契約の段階は信用力がまだ低い状態なので、50万円を超えて借りるのは簡単ではありません。ローンを利用するには身分証明が必須ですが、収入証明に関しては小額融資の場合は不要になることが多いです。しかし50万円超の借入をする場合は収入証明が必須になることが多いため、審査基準がワンランク上がると考えてよいでしょう。

初めて利用する消費者金融の場合、最初は30~50万円くらいの融資に落ち着くことが多いです。70万円の借入をするためには信用力を積み重ねていく必要があるため、半年~1年以上は延滞なくコツコツと返済していくのがコツです。

延滞なく長期利用をしている方は消費者金融から増額の連絡がくる場合があり、同意すれば自動的に増額されます。連絡がこない場合は自分から増額融資の申し込みをすることになります。

総量規制は他社借入も対象となる

お金が必要24

総量規制で注意したいポイントは、他社からの借入も合算する必要があることです。例えば年収210万円ですでに消費者金融から50万円の借入をしている方だと、新規で別の消費者金融と契約しても20万円までしか借入できません。

現在の借入状況は個人信用情報機関に登録されているため、他社借入はないと嘘をついてもバレます。お金の貸し借りは信用のもとに成り立っており、嘘をつくと一気に信頼を失います。審査を受けるときは年収・勤務先・他社借入状況などを正しく申告してください。

70万円の借入をするためには、複数社から借りるという手があります。1社目で50万円までしか借入できなくても、2社目で20万円を借入できる可能性はあります。借入件数が増えるほど審査はシビアになりますが、2社目の借入で目的額に到達したという話は少なくありません。

ただし3社目以上になると追加融資を受けるのが厳しくなってくるので、なるべく1~2件の申し込みに抑えたいところです。理想は1社から目的額を借りることであり、これは返済計画を考えるのが楽なためです。借入件数が増えてしまうほど、返済シミュレーションをするのが大変になりますし、毎月の返済日が増えるという問題が生じてきます。

70万円を借りる前に返済能力をチェックする

消費者金融から賢くお金を借りるには、自身の返済能力を正確に把握しておくことが重要です。漠然と70万円の希望額を設定するのではなく、本当に借りる必要があるのか今一度考えてみましょう。キャッシングやカードローンは利用枠が大きくなるほど、使いすぎのリスクが高くなります。

例えば利用枠がまだ20万円残っていると知っていれば、ついつい気持ちが大きくなって衝動買いしたくなる方は多いはずです。必要額が65万円だから端数を切り上げて70万円にする借り方はありですが、50万円あればよい状況で70万円を借りるのは得策とは言えません。

ローンの審査は希望額に比例してシビアになるため、50万円より70万円のほうがハードルが高くなるわけです。また高額融資を受けることができても、その時点で借りすぎに陥っている事例もあります。総量規制は個別の返済能力を決定するものではなく、総量規制の範囲内であっても借りすぎのケースは少なくありません。

家計や収支のバランスは人によって異なるため、大切なのは返済可能な金額で申し込みすることです。

「注目したい消費者金融のレポート」

消費者金融からの借入において70万円は多い?

住宅ローンは2,000万円以上の借入になることが多く、それと比べれば消費者金融からの借入は容易に感じるかもしれません。しかし両者のローンは適用金利が異なるので、同レベルで語ることはできないです。消費者金融は実質年率18.0%程度が適用されることが多く、高金利ゆえに元金充当額が少なくなります。

つまり毎月返済しても元金が減りにくく、利息で食われてしまうわけです。もともと消費者金融はサラ金と呼ばれており、小口融資を目的として誕生しました。給料日の金欠解消が主な目的であり、賢く利用するには10万円の利用枠を持つのが理想と言われていたのです。

小額の借入なら短期での一括返済が可能ですから、総支払い利息が少なくなります。70万円の借入をしても10万円程度の小額で借入・返済を繰り返す分には問題ありませんが、消費行動を抑えられない方だと浪費につながる可能性大です。

浪費をしない最大の秘訣は不要なものを購入しないことですが、そのためには必要以上に借入できない対策が必要なのです。消費者金融から70万円の借入をすることは、ローンの性質から考えて多いと言えるでしょう。